2009年02月17日

そうじゃ吉備路マラソン その1

「そうじゃ吉備路マラソン」行ってきました,泡るんです.

まず,掲載遅くなってすみませんm(_ _)m

書いては書き直して,どういう風に書こうか,泡るんらしくもなく,今回は本当にいろいろ悩みました

ですが,結果も含めて,演出なしに,前日,当日と時間の流れに沿ってありのままに書いていこうと思います.

というわけで,長くなりそうです.今日書けるところまで書きます.

■ 大会前日移動(勝瑞駅〜岡山駅)

今回,開催地の総社市までは,全て,JRの各駅停車で移動しました.これには,もちろん経費削減の意味もあります.ですが,ここのところ仕事に追われていたので,あれこれ考える時間が欲しいなと思っていました.そこで,できる限り思いにふける時間を作って,それに当てようと思っていました(^^)

各駅停車でも夜中に移動すれば,特急便の本数も後になるほど少ないので,徳島〜高松間でも1時間遅れるくらいで到着します.

夜8時51分,徳島県JRローカル駅勝瑞駅を出発です.当たりは人の気配もなく,この時間になると誰も乗る人がいません(^^;
写真は,電車が近づいてきているところです.

kibiji_train.jpg

車内は,徳島駅から帰宅中の人がそこそこ.

kibiji_train2.jpg

しかし,大坂峠を越えて香川県に入ると

kibiji_train3.jpg

引田駅で誰もいなくなりました
.高松市近郊の駅までこの状態です.さすがに気ままと言っても,ちょっと寂しい状況です.職場から持ってきた義理チョコだけが,リアル旅の友です〜.

kibiji_choco.jpg

ですが,チャリ君さん,きよこさん,他後輩君から励ましメールもらいました.ありがとうございます.そろそろ…岡山という内容で,結構頂いていたのですが,このとき,まだ四国(香川県)から脱出できてません(笑)

そして,夜11時前に,高松駅に到着しました.快速マリンライナーの最終便で岡山に渡ります.さすがに,高松は徳島より人がおると思ってましたが…ホームには誰もいません

kibiji_station.jpg

泡るんが乗ったときには,車内もガラガラの状態です(出発前には何人か乗ってきました).

kibiji_train4.jpg


ここまで,思いにふけるモードとしては最適な状態だったのでした.


■ 大会当日移動(岡山駅〜総社駅)

瀬戸大橋を超えて,大会当日0時30分頃に,岡山駅に到着しました.ここから本来は,岡山市から西に位置する総社市へ向かいます.ですが,電車はこの時間帯ありませんので,途中下車です.

岡山駅東口,繁華街方面へ向かい,駅から数分歩きます.事前に調べてあった駅前カフェというネットカフェに入店しました.
その店内カウンタの横から,いきなりメイド服を着た店員さんが出てきて,ちょこっとドキドキでした.

雑居ビルのネットカフェは,店内はものすごく暗く,通路も非常に狭いです.この辺は郊外型のネットカフェにはない雰囲気かと.色々な席があるようですが,座るところが全面フラットな個室にしました(写真のようにパソコンも完備です).

kibji_cafe.jpg

ブース内では,脚をちょっと曲げれば,そのまま寝ることができます.無料のソフトドリンク,ソフトクリームを食べながら,ブログを書込み,おやすみなさ〜いをしましたzzZ.

4時過ぎに目が覚めて,5時には退店.

ネットカフェでは,シャワーにブランケット,コンタクト保存液と,パックプラン1200円ながら,何から何までいたれりつくせりでした.

退店後,駅前近くの松屋で朝飯(豚丼)を食べた後,岡山駅に再入場し,吉備線の総社駅行きの車両に乗り込みます.

kibiji_train5.jpg

kibiji_train6.jpg

約1時間後に総社駅に到着.

kibiji_train7.jpg

ちょっと空が明るくなってきました.でも盆地になっているせいか,冷え込んで,むちゃむちゃ寒いです.

大会会場のあるスポーツセンターまで,凍えながら徒歩15分間移動しました.このときちょっとお腹の異変を感じつつ….

■ 大会会場散策

やっと会場に到着

kibiji_race.jpg

ところで,写真の右前に写っている方は,行きも帰り会場〜岡山駅まで一緒でした.帰りの車内で色々と話していると,最初に走られたマラソン大会が,泡るんと同じく,富士山近くのSAIKOロードレースでした.と〜っても縁を感じる人でした.

このスポーツセンター,施設がとても大きい上に,中もキレイでです.

kibiji_race2.jpg

早く着きすぎて,受付けが準備されていませんでした.先に会場内を探索しようと思った矢先…急にお腹が痛くなってトレイへ.ちょっと気持ちは元気でも,ここから体は,げっそりです….

そんな時,メインの休憩所の近くになんと鍵付きの更衣室が.

kibiji_race3.jpg

さすが,リッチな施設.とりあえず利用しやすい角を確保しておきます.結局この部屋にみんな気付かなかったのか,数人ほどしか利用せず独占状態(^^).早く来ると,落ち着いてこういう部屋も探せるんですね.早起きは三文の得

荷物をロッカーに整理して入れていると,受付時間になったので,再びセンターの玄関の外へ.

kibiji_race4.jpg

参加賞ミズノバッグタオル,そして嬉しいかな,ファイテンのラクワネックです!ちょっと前に無くしてしまったので,嬉しかったです!この後,これをつけて走りました.

kibiji_souvenir.jpg

受付をすませても,十分時間があるので,まだまだ散策モード

いつの間にか,センター玄関正面にスタートゲートゴールゲートが準備されていました.

kibiji_race5.jpg

kibiji_race6.jpg

「今日は,ここからスタートして,帰ってくるんやな」と考えると,体の状態に関係なくモチベーションが上昇↑します.でも,お腹ごろごろで二度目のトイレorz…飲んでも飲んでも水分どんどん絞られていきます.

落ち込んでもいられないので,視察続行

テントじゃなく,プレハブタイプの堅固な大会本部

kibiji_race7.jpg

こちらは記録証の印刷所

kibiji_race8.jpg

ここも本部と一緒で,雨どころか,強風にも耐えられそうなほどのがっちりとした作り


大会の救護部隊

kibiji_race9.jpg

kibiji_race10.jpg

ちょっと異常なくらいの車両の数です(ただ,これが正解で,このあと,体調不良者の介助に活躍したわけで).

こちらは,無料の振る舞い所

kibiji_race11.jpg

なぜか,走る前から食べている人が大勢.振る舞う方も振る舞う方やけど,食べる方も食べる方やな.他人事やけどいけるんかな?ってちょっと心配になりました.ただ量は,たくさんあって,完走後も品切れはありませんでした.

さてさて,人が集まり始めました.開会式直前です.

kibiji_race12.jpg

女性の司会者の声で「赤いジャージは○○高校の人たちですよね〜?もうちょっと正面に寄って下さいね〜」

と会場にスピーカーを通して響き渡った瞬間に,

「言うなよ〜!なに俺らの(高校の)名前よんびょんじゃ〜!」と言って,照れながらが移動していたのが,とても印象的でした.

開会式も始まり,市長さんの挨拶から.「ぶっぱなせっ!」等の発言があり,過激なのか元気なのか区別のつきにくい激しい人でした.この人がいる限り吉備路マラソンは続きそうです(笑)

ゲストランナー元天満屋ランナーの松尾和美さん.性格はおとなしそうで,出走もファミリーコースでしたが,未だに速そうなオーラを感じました.

kibiji_race13.jpg

kibiji_race14.jpg

QちゃんはQちゃんでいい感じですが,アスリートの真剣さが伝わるようなゲストもまたいいものです(^^)

そしていよいよスタート時刻へ.
続きはその2へ
posted by 泡るん at 01:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング(大会)
この記事へのコメント
コメント from 「 チャリ君 」さん
鍵付きの独占状態の更衣室発見したんはラッキーやったねぇ。
しかし、なかなか素敵な市長さんで・・・
スタート前の腹痛、冷えたんかな?まさかソフトクリームの食べ過ぎ?
その2レース編も楽しみにしています。
2009年02月17日 12:03

有料の貴重品預かりは,金額よりも,こまめな出し入れができないのがネックですよね〜.だから,鍵付きロッカーのおかげで,写真も落ち着いていっぱい撮影できました.

市長さん自身,吉備路で過去に20km走ったくらいのマラソン好きで,今回6年ぶりやから,余計に嬉しかったのだと思います.それにしても,吉備路マラソンで,景気回復等々…,言うこと無茶苦茶です.

お腹が冷えたのは,やはりソフトクリームと朝の会場までの移動が原因かなと思います.元はと言えば,防寒着が鞄に荷物が入り切らなかったのが痛いのですけど・・・.
2009年02月17日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26825656
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック